ヨコハマのでんき

ヨコハマのでんき

✖ 閉じる

ドイツの自家消費に関する取材記事②

ドイツのバイエルン州のアウトバーン(ハイウェイ)沿いには多くの太陽光発電所が存在します。追尾型太陽光発電や騒音防止用に壁面につけられた太陽光発電など、大規模発電所だけではありません。専業農家が多く見渡す限り広大な土地は農業や畜産業を営んでいる家が多く、住宅屋根や資材倉庫の上など至るところに屋根上に太陽光発電を設置しています。ドイツでは、再生可能エネルギーの35パーセントを市民、11パーセントを農家が所有していると言われていますが、アウトバーン沿は顕著にそれがわかります。

立ち寄った太陽光発電所があるババリアン地方では最大の54MWの出力があり、見渡す限りのモジュールの波が広がっていました。
2009年に稼動を始め、当時の固定買取価格は、0.3194 €/kWh(現在のレートで42円)と高額な買取単価でした。モジュールはQセルズ、架台はKrinnerというスクリュー式の基礎を販売している企業との共同開発です。

ドイツFITバブルから遅れること2年、2011年FIT制度が始まる前に日本市場に参入してきたドイツメーカーのQセルズは、ヨーロッパ市場を含む世界のモジュールの価格競争の激化で、赤字に陥り、日本では販売実績は好調でしたが、Qセルズ本体は、ハンファに買収されたのは皆さんよくご存知だと思います。

またドイツでは、大手のEPCのPhönix Solarも工事が好調なときには従業員数1000人以上を抱える巨大なEPC企業でしたが、現在では事業を縮小しています。2009年で建設コスト費用は、約3000€/kWh(現在のレートで40万円)、2017年現在では、750€/kWh以下(現在のレートで10万円)で、急激な工事費用下落により大幅なリストラを実施、EPCM(建設・調達・設計管理)という業務にシフトしてきています。建設自体は、むしろアウトソーシングして、現場監督などのマネージメント業務を行う企業へと変貌しています。